スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

しつこくハロウィン!!(私の子供時代の話)

もうすぐ10月31日、ハロウィンの季節です!
最近は日本でも、普通になってきましたね。

さて、今回は私の子供時代のハロウィンのお話です。
私は小学校時代の3年半をアメリカのN.Y.というところで過ごしました。

アメリカではハロウィンが近づくと、どこもハロウィンの装飾が施されます。
学校でもランチのデザートメニューにパンプキンパイが登場するなど、
本当に楽しい季節です。

各家庭では、ハロウィンの夜に向けて小さなかわいい
紙袋を買い集め、お菓子の詰め合わせた袋を用意します。
だいたい50個くらいは用意したかなあ・・・。

子供達も何の仮装をするかで盛り上がります。
私は一番最初のハロウィンはミッキーマウス、翌年は魔女、
その次の年はジプシーに仮装した覚えがあります。
他にも、ピルグリムファーザーズ(アメリカの開拓移民?)や
ゴースト(←男の子に多い)なんて言うのも人気のある仮装でしたね。

私は小学校のMr.Goldman率いるブラスバンドに入っておりまして、
フルートを吹いておりました。
このブラスバンドは、ハロウィンの日、みな仮装をして
鼓笛隊として街を練り歩きます。

ハロウィン鼓笛隊

楽器に譜面代を付けるのですが、これが重い!!
譜面代を見ながら、歩きつつ、楽器を演奏する。
かなり難易度高いです!
おまけに私のフルート音がでなかったから、すっごく大変でした。
(当時私はずっと音が出ないのは自分が下手だからだと
思っていましたが、大学時代にきちんとしたフルートを吹かせて
もらったらちゃんと音が出ましたので、その時初めて楽器が
悪かったのだと気づきました。借り物のフルートだったし、なにせ
アメリカだからねえ~~。保管状態もきちんとしていないのよ。
もう、いま思うとすっごくイイカゲンだった!!)


ハロウィンと言えば必ず思い出すのが、地区開催のポスターコンテスト。
ハロウィンの季節になると、街角のショーウィンドウに大きく
ポスターカラーで絵を描いたり、ポスター作ったり色々なコンテストが
催されます。

小学校3年だったか4年だったか忘れましたが、
ポスターコンテストに応募していた私、すっかり締め切り前日の夜まで
そのことを忘れておりました!
いざ寝ようとした瞬間に母に指摘され、思い出し・・・。
でももうあまりにも眠かったので、
「もう、今回は眠いからいいや!出さない!」と言ったのを覚えています。

ハロウィンポスター

その時母は、「出すといったんだから描きなさい!!」と
寝ることを許してくれませんでした

もう、ぶーぶー言いながら描きましたねえ・・・。
絵も鮮明に覚えています。
ホウキに乗った魔女とコウモリ達の絵でした。

ところがねえ

怒り狂いながら描いたこの絵、
なんと、その年のイーストチェスター地区で1st Prizeを
受賞しちゃったんです!!!

小学校ではお昼の時間に毎回Greenvale Newsという
校内放送が流れるんですけど、そこでまず発表されましてね。

私はまだちゃんと聞き取りが出来ないし、ぼ~~っとしていた
もんだから、いきなり周りのみんなに
”Congratulation !Congratulation!! "
って祝福されても、なにがなにやら・・・。

あとでゆっくり聞いてびっくりしましたっけ。
頂いたのは自由の女神トロフィ一個だけだったのですが、
多分まだ実家においてあると思います。

今でもコンペに参加しようと思っていて、締め切り間際になり
「あ~~!今回は出すのを見合わせようかな~!!あせあせ(飛び散る汗)
と、なることが多いのだけど、そんな時いつもこのハロウィンの
コンテストのことを思い出すんですね。
で、毎回、そうだ。そうだ。あきらめないでやってみよう!と。

つまりこれも数少ない私の一つの成功体験として、心の奥深~く
刻み込まれているということです。

そう言う意味ではあの時、いやがる私に無理矢理最後まで
絵を描かせた母は偉かったんだなあ~。

うん。人間、何事もあきらめちゃイカンですよ!

おまけです。↓ 前回デジタルで作ったハロウィンの絵の貼り絵バージョン。

Trick or Treat!貼り絵
 
 
10:02 | 日記 | comments (0) | edit | page top↑
イラストについて少し | top | Happy Halloween !!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。